シロアリ駆除で家を守ろう|害虫や害獣の駆除で安全住まい

増えている深刻な被害

住宅

ここ最近では、ハクビシンが住宅の屋根裏に侵入して被害を引き起こすケースが増えています。もともとハクビシンは、自然豊かな場所に住居を構えていました。しかし、近年、住処となる緑が減っている事で住宅に侵入するようになったのです。家に住み着くと、色々な被害を人間にもたらします。その代表的なものが、騒音です。夜寝ている時に歩き回る足音がするので、不眠症やノイローゼになる方も少なくないです。 それと、天井裏に大量の排泄物をするので、強烈な糞の臭いがします。そのため、家にいるだけで不快感に繋がります。また、天井に糞尿の染みができることから、家自体が腐ることもあるのです。 いずれにしても、すぐにハクビシン駆除を行う必要があります。

ハクビシンが住居に侵入した場合、素人が勝手に駆除を行うことは不可能です。というのも、国が「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」で管理しているからです。法律には、一般の方が薬剤使用での駆除、許可なく捕獲することはできないと記されています。そのため、確実にハクビシン駆除を行うには、専門の業者に依頼することをおすすめします。ハクビシン駆除業者は、基本的に忌避剤を使ってハクビシン駆除を行います。これは、天井裏に特殊な薬剤や煙霧剤を使用して追い出す方法です。完全に追い出したら、次はハクビシンが家屋外から侵入してくる穴を見つけます。そして、二度と侵入されないように封鎖していきます。専門業者は、ほとんどの場合、無料で見積もりを出してくれます。なので、被害に遭っている方は気軽に相談すると良いです。