シロアリ駆除で家を守ろう|害虫や害獣の駆除で安全住まい

増えつつある被害

男性作業員

ここ数年の間で、ハクビシンが人間の住居に侵入して住み着く被害が増えています。天井裏には断熱材が使用されているので、寒い冬でも暖かく過ごせると侵入してくるのです。ハクビシンが、屋根裏に住む事で厄介な被害がもたらされます。その第一が、ダニ、ノミなどによる吸血被害です。ハクビシンには、たくさんのダニが寄生していて、自宅に一緒に連れ込まれてしまいます。それで、家屋内で繁殖して人に被害をもたらすのです。また、ハクビシンには、天井裏の同じところに糞や尿をするという習性があります。なので、天井裏がとても不衛生な環境になり、強烈な悪臭が漂います。さらに、ひどい場合は天井板にシミができて尿がしたたり落ちてきます。このような深刻な被害があるので、すぐにハクビシン駆除をするべきです。

ハクビシン駆除は、自分で行なうよりも、専門業者に依頼する事で確実に行なえます。専門業者の駆除方法は、主に忌避剤や漂白剤などで追い出していきます。ハクビシンは臭覚が強いので、すぐに嫌がり出て行ってくれます。その後、二度と戻ってこられないように、ハクビシンの侵入口を塞ぐ処理をします。ハクビシンは数センチ程度の穴であれば、簡単に侵入してきます。なので、専門のスタッフが徹底的に封鎖をしていきます。ハクビシン駆除専門業者では、ほとんどの場合、無料で現地調査・見積りを行なってくれます。また、近隣の住民にハクビシン駆除業者だとばれないように来てくれるので安心です。ハクビシンの被害に悩んでいる方が、気軽に相談すると良いです。